FP2級とFP3級の違いを徹底分析!合格するためのポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

「FP2級とFP3級の違いを徹底分析!合格するためのポイント」というタイトルのもと、今回はファイナンシャル・プランニング技能士(FP)資格の中でも特に受験者の多いFP2級とFP3級の違いについて詳しく解説していきます。FP資格を取得しようと考える際、どの級を目指すべきか、またどの級が自分のキャリアに一番役立つのか疑問を持つ方が多くいらっしゃいます。FP2級とFP3級は、その内容、難易度や合格率、そして受験資格がそれぞれ異なります。

本記事では、FP2級とFP3級の試験内容の違い、それぞれの難易度・合格率、そして効果的な学習方法について詳しく説明していきます。また、実際にこれらの試験に合格した筆者自身の実体験を交えながら、どのような勉強法が最も効果的だったのかを掘り下げていきます。この情報が、FP資格を目指すあなたの学習計画に役立てれば幸いです。

tano

FP2級を持つ、ファイナンシャルプランナーの私が、わかりやすく解説していきます!!

目次

FP2級とFP3級の試験内容の違い

FP(ファイナンシャルプランニング)資格は、個人や法人に対して適切な資産運用やリスク管理、税金対策などをアドバイスするための知識と技能を証明する資格です。FP2級は中級レベル、FP3級は初級レベルの資格とされています。

では、FP2級とFP3級の違いについて、まずは試験内容から比較してみていきましょう。結論から言えば、

FP2級とFP3級とで、試験内容の大きな枠組みに差はありません。

FP2級とFP3級の試験範囲
  • ライフプランニングと資金計画
  • リスクマネジメント
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

FP2級の試験も学科試験と実技試験の二つから構成されますが、その内容はFP3級より高度になってきます。学科試験はFP3級と同様にマークシート方式で、出題範囲は同じですが、質問の深さと難易度が増します。FP3級で学ぶ基礎知識に加え、より詳細な法律や税務知識、投資理論などが問われます。参考書・テキストで概算すると、FP2級の方が約120ページ分のボリュームが増します。勉強時間についてもFP2級には150時間以上の時間が必要とされています。

FP3級からFP2級へ挑戦する場合の変化
  • 問題集で言えば、約120ページ分のボリューム感アップ
  • 内容が高度になり、覚える量が増える
  • FP3級合格からFP2級合格までに、150時間以上の勉強時間が必要になってくる

FP2級とFP3級の合格率の違い

FP2級とFP3級の合格率にも違いがあります。一般的に、FP3級の合格率は比較的高く、60~70%程度です。これは、試験が基本的な教養知識を問うものであるため、多くの受験者が合格できるからです。一方、FP2級の合格率は40~50%程度であり、FP3級に比べると難易度が高くなるため、合格するためにはより深い知識と理解が必要です。

FP2級FP3級
学科試験合格率:30~45%程度
実技試験合格率:40~60%程度
学科試験合格率:60~70%程度
実技試験合格率:60~70%程度
FP2級とFP3級の合格率の違い

FP2級とFP3級の受験資格の違い

FP2級とFP3級では受験資格が異なります。とくにFP2級の受験資格には、実務経験やFP3級合格が必要で、まったくの初心者がFP2級から受験できないので注意が必要です。

FP2級FP3級
3級FP技能検定の合格者
FP業務に関して2年以上の実務経験がある人
日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した人
厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
以上のいずれかに該当する人がFP2級の受験資格を得ます。
とくにありません。
FP2級とFP3級の受験資格の違い

FP2級とFP3級の受験料の違い

FP2級とFP3級では受験料が異なります。前回の受験での一部合格者は、免除申請を事前に行うことで学科または実技のみの受験をすることができます。

FP2級FP3級
学科と実技:11700円
学科のみ:5700円
実技のみ:6000円
学科と実技:8000円
学科のみ:4000円
実技のみ:4000円
FP2級とFP3級の受験料の違い

FP2級とFP3級のメリットの違い

FP2級とFP3級の資格取得にはそれぞれメリットがあります。

FP3級は、ファイナンシャルプランニングの基礎知識を証明する資格であり、金融業界でのキャリアをスタートさせるための第一歩として非常に有用です。FP3級を取得することで、基礎的な知識を身につけることができ、金融商品に関する基本的なアドバイスができるようになります。また、FP3級は教養資格として、個人事業主や会社員、専業主婦、学生など幅広い世代に人気であり、比較的短期間で取得できるため、初めての資格取得としても適しています。

一方、FP2級は、より高度な専門知識を持つことを証明する資格であり、金融業界でのキャリアアップや、より専門的な相談業務に従事するためのステップとして重要です。FP2級を取得することで、より複雑な資産運用やリスク管理の相談に対応できるようになり、顧客からの信頼も高まります。

FP3級でもファイナンシャルプランナーを名乗って業務をすることはできます。

ただし、顧客からの信頼や、自分の実力という点では、ファイナンシャルプランナーとしての活動には、やはりFP2級合格後が望ましいとされています。

FP2級とFP3級の合格するためのポイント

最後に、FP2級とFP3級に合格するためのポイントを紹介します。

FP3級合格のポイント

FP3級に合格するためには、まず基本的な知識をしっかりと身につけることが重要です。はじめて取り組んでみると、身近な話題が多く、取り組みやすいことに気づきます。内容としては、タックスプランニングから取り組むと、税金関係の知識がまとまって入ってくるのでおすすめです。ニュースや経済に関心がある方は、金融資産運用から取り組むと、見慣れた用語に多く出会えて勉強のハードルが下がるので、これもおすすめです。

FP2級合格のポイント

FP2級に合格するためには、FP3級の知識を基盤に、より深い理解と応用力を身につけることが求められます。暗記量もかなり多く、勉強を計画的に進める必要があります。おすすめは、FP3級の合格が分かってすぐに次の試験日のFP2級に挑戦することです。また、実技試験においては、具体的な相談事例に基づいた問題に対応するための実践的な知識とスキルが求められるため、実務経験があると非常に有利です。

まとめ

FP2級とFP3級の違いについて、試験内容や合格率、受験資格などの観点から解説してきました。

FP2級とFP3級では試験範囲の単元こそ同じですが、難易度や取得後のメリットには大きな差があります。

FP資格を取得することで、個人の家計管理や資産運用に関する知識が深まり、ライフプランニングを充実させることが期待できます。また、不動産・金融・保険業界でのキャリアアップを目指すことができます。また、FP資格は多くの企業で評価される資格であり、取得することで就職や転職にも有利になります。自分に合った学習方法を見つけ、継続的に学習を進めて、目標の資格を取得しましょう。

これからFP資格を目指す皆さんの参考になれば幸いです。

以上、「FP2級とFP3級の違いを徹底分析!合格するためのポイント」でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次