FP2級合格に必要な勉強時間とは?効果的な学習法【2024年最新】

当ページのリンクには広告が含まれています。

FP2級の資格を取得するためには、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?

仕事や家庭、その他の予定がある中で、どのように効率よく学習時間を確保し、効果的に勉強を進めるかは大きな課題です。この記事では、FP2級合格に必要な勉強時間の目安と、効果的な学習法について詳しく解説します。実際に合格者した体験談から短期間で効率よく合格するための方法を紹介します。FP2級の試験内容や難易度、試験対策のポイントも合わせてご紹介しますので、これから勉強を始める方や、現在勉強中の方にとって役立つ情報が満載です。さあ、あなたもFP2級合格を目指して、一緒に頑張りましょう!

tano

FP2級に合格した実体験をもとに丁寧に解説していくよ!

目次

FP2級試験の概要と難易度

FP2級は、ファイナンシャルプランニングの基礎知識を問う国家資格です。個人の資産管理やライフプランニングに役立つ知識を証明するものであり、金融業界や保険業界、不動産業界などでのキャリアアップに有利です。試験は「学科試験」と「実技試験」の二つで構成され、どちらも合格する必要があります。

学科試験: 学科試験は、選択式の問題が出題されます。ライフプランニングと資金計画、リスクマネジメント、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継といった幅広い分野の知識が問われます。

出題形式 マークシート式(4択)
試験時間 120分
合格基準 36点以上(60点満点)

実技試験: 実技試験は、具体的な事例をもとにファイナンシャルプランニングの実践力を問うものです。記述式や〇×選択式・四択選択式の問題が出題され、実際の相談シナリオに沿って解答する形式です。

きんざい日本FP協会
出題形式事例形式記述式
問題数5題40問
試験時間90分90分
満点50点100点
合格点数30点以上60点以上
出題科目選択可能資産設計提案業務のみ
実技試験の概要を比較

FP2級の受験資格

FP2級の受験資格は、FP3級合格や、実務経験が含まれます。未経験でFP3級を持っていない場合、いきなりFP2級からの挑戦はできないため注意が必要です。

次のいずれかに該当する必要があります
  • 3級FP技能検定または金融渉外技能審査3級の合格者
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 2年以上の実務経験を有する者

FP2級試験の合格率

FP2級の試験は、基礎的な知識を問うものの、範囲が広いため、しっかりとした学習が求められます。合格基準は、学科・実技ともに60%以上の得点が必要です。

きんざい日本FP協会
学科合格率約23%約47%
実技合格率約41%約62%
実技試験の合格率を比較(2021~2022年)

FP2級合格に必要な勉強時間の目安

FP2級の合格を目指すためには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?これは、個々の知識や経験、学習スタイルによって異なりますが、一般的な目安を紹介します。

初心者の場合: 金融や保険、不動産の知識が全くない方の場合、合計で150~300時間程度の勉強時間が必要とされています。この時間には、基礎知識の習得から問題演習までを含みます。

経験者の場合: 金融業界などで既に知識を持っている方や、不動産会社に勤務されている方・関連資格を持っている方の場合は、100~150時間程度の勉強時間で済むことが多いです。既に知識がある分、問題演習や苦手分野の補強に時間を割くことが重要です。

FP2級合格に効果的な学習法とスケジュール

FP2級試験に合格するためには、計画的な学習と効果的な学習法が不可欠です。以下に、具体的な学習法とスケジュール管理のポイントを紹介します。

スケジュール例: 例えば、試験までの期間が3ヶ月ある場合、初心者なら週に15~20時間程度の勉強時間を確保することが理想です。平日は1~2時間、週末には5時間以上を目安にすると無理なく計画を進められます。

STEP
基礎知識の習得

最初に、テキストや参考書を使って基礎知識をしっかりと身につけましょう。初心者向けの図解やイラストが豊富な参考書を選ぶと理解が深まります。各章ごとに学習し、理解度を確認しながら進めることが重要です。

STEP
問題演習の重要性

基礎知識を習得したら、過去問題集や予想問題集を使って実際の問題に取り組みます。間違えた問題は、なぜ間違えたのかをしっかりと分析し、理解を深めることが重要です。また、時間を計って解くことで、試験本番に向けた時間管理の練習にもなります。

STEP
模擬試験の活用:

試験本番を想定して、模擬試験に挑戦しましょう。時間を計って実施することで、試験のペース配分や緊張感を体験できます。模擬試験の結果を分析し、苦手分野の強化に努めることが重要です。

学習スケジュールの立て方

  1. 目標設定: 試験日から逆算して、毎日・毎週の勉強時間を設定します。初学者の場合、1日に1~2時間、週に10~15時間程度の学習時間を確保するのが理想です。
  2. 科目別の学習配分: FP2級の試験範囲は広いため、科目ごとに学習時間を均等に配分します。特に苦手な分野には、余裕を持って時間を割くことが重要です。

FP2級合格におすすめの参考書・テキスト

効率的に学習を進めるためには、適切な参考書・テキスト選びやサポートを活用することが大切です。

参考書・テキスト: FP2級向けの参考書やテキストは数多く出版されています。初心者向けには、図解やイラストが豊富なものや、分かりやすい解説が載っているものがおすすめです。

問題集・過去問: 問題集や過去問は、実際の試験形式に慣れるために必須です。特に過去問は、出題傾向を把握するためにも積極的に取り組むべきです。

オンライン講座: オンライン講座は、自分のペースで学習できる点が魅力です。動画講座やライブ講義など、自分に合ったスタイルを選びましょう。FP2級の学習では、スクールや講義をすすめる方もいますが、試験内容が暗記寄りなことや、合格率も低くないことから、参考書・テキストのみでの独学か、オンライン講座の利用で合格する人が多くなっています。

まとめ

FP2級合格に必要な勉強時間について、解説してきました。

FP2級合格に必要な勉強時間は、個々の状況や背景知識によって異なりますが、効果的な学習法と計画的なスケジュール管理が成功の鍵となります。基礎知識の習得から問題演習、模擬試験までをバランスよく行い、自分に合った学習リソースやサポートを活用することが重要です。FP2級は試験範囲が広いため、無理なく継続的に勉強を進めることが合格への近道です。

みなさんの合格を応援しております。

以上、「FP2級合格に必要な勉強時間とは?効果的な学習法【2024年最新】」でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次