ビジネス会計検定3級 簿記3級を徹底比較|どっちが先?メリットは?

「ビジネス会計検定3級 簿記3級」について比較すると、両者の試験内容や難易度、合格率、知名度、受験者数、テキスト・問題集の充実度などさまざまな観点で違いがあります。これらをふまえて、どちらを受験すべきか悩む方も多いでしょう。

ビジネス会計検定3級は、財務諸表の中身を紐解くことから、ビジネス全般に関する知識が求められるため、投資に興味がある方やビジネスに携わる未経験者に適しています。一方、簿記3級は簿記に特化した内容であり、財務諸表の作成に重きを置いていることから、会計士を目指す方や会計業務に従事している方に適しています。受験を検討する際には、自身の目標や興味関心、将来のキャリアパスなどを考慮して、どちらの試験を先に受けるべきかを検討することが重要です。それぞれの試験の特徴を理解し、自身に適した方を選択することで、効果的に資格取得に向けて進むことができるでしょう。

  • ビジネス会計検定3級 簿記3級どっちを先に受けようかな?
  • ビジネス会計検定3級 簿記3級どっちの方がメリットが大きい?

こうした疑問にお答えします。

tano

ビジネス会計検定3級 簿記3級を両方取得した経験をもとにわかりやすく解説していきます!

目次

ビジネス会計検定3級と簿記3級の比較

最初に、比較した結果からご紹介します。試験内容、難易度・合格率、知名度・受験者数、テキスト・問題集で比較しました。

試験内容でくらべる

ビジネス会計検定3級と簿記3級の試験内容を比較すると、簿記3級がより具体的な会計知識を要求します。簿記3級は財務諸表の作成や資産、負債、純資産などの理解が必要です。一方、ビジネス会計検定3級は、財務諸表の中身を読み解くことを通じて、会計の基本的な考え方や経済活動における情報の活用方法を問われます。

ビジネス会計検定3級簿記3級
財務諸表を、、分析する作成する
会計リテラシー向上おすすめおすすめ
投資のスキルアップおすすめややおすすめ
ビジネス会計検定3級の試験範囲

財務諸表の構造や読み方に関する基礎知識

  • 財務諸表とは
  • 貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の構造と読み方

財務諸表の基本的な分析

  • 基本分析
  • 成長率および伸び率の分析
  • 安全性の分析
  • キャッシュ・フロー情報の利用
  • 収益性の分析
  • 1株当たり分析
  • 1人当たり分析

(引用 ビジネス会計検定試験 試験のご紹介 級別内容・出題範囲 より)

難易度・合格率でくらべる

ビジネス会計検定3級と簿記3級の難易度と合格率を比較すると、簿記3級の方が一般的に難易度が高く、合格率が低い傾向にあります。これは、簿記3級がより専門的な知識を要求するため、受験者にとってハードルが高いと言えます。一方、ビジネス会計検定3級は、一般的な経済活動における会計の基本を問うため、比較的合格率が高い傾向があります。

ビジネス会計検定3級 簿記3級
合格率約65%約40%
勉強時間50時間程度50~100時間程度
独学で受かる?独学でOK独学がやや難しい

知名度・受験者数でくらべる

ビジネス会計検定3級と簿記3級の知名度や受験者数を比較すると、簿記3級の方がより広く知られ、多くの受験者が挑戦しています。一方、ビジネス会計検定3級は、知名度は簿記3級に劣りますが、近年ではその重要性が高まりつつあり、受験者数も着実に増加しています。

ビジネス会計検定3級簿記3級
年間受験者数約1万人約30万人
知名度やや低いかなり高い
就職に有利?やや有利有利

受験料と実施回数でくらべる

ビジネス会計検定3級と簿記3級の受験料と実施回数を比較すると、受験料は表のとおりで、そこまで高くはありません(簿記3級ではネット試験の場合手数料が別途500円かかります)。また、実施回数は筆記試験では差がないものの、簿記3級は全国のテストセンターで気軽に受けられることから、受験しやすいことがわかります。

ビジネス会計検定3級簿記3級
受験料4950円2850円
年間実施回数(統一)年2回年3回
CBT対応(ネット)なしあり

テキスト・問題集の充実度でくらべる

簿記3級の方がテキスト・問題集・勉強法ノウハウが充実しています!

ビジネス会計検定3級と簿記3級のテキスト・問題集の充実度を比較すると、簿記3級の方が豊富な教材が揃っており、多様な学習方法の選択肢があります。一方、ビジネス会計検定3級も充実した教材が増えつつありますが、現状では公式テキストと問題集の2冊がベストなので、簿記3級に比べるとまだまだ質や量で劣る部分があります。

ビジネス会計検定3級と簿記3級どっちを先に受けるべき?

一概にどっちを先に受けた方がいいとは言えません。

しかし、財務諸表を作る⇒分析するの流れを考えると、

試験内容で考えるなら、簿記3級⇒ビジネス会計検定3級になります。

ただし、この場合だと難易度の高い簿記3級から受けることになってしまいます。ですから、

簡単な方から受けたいという方であれば、ビジネス会計検定3級⇒簿記3級となります。

ビジネス会計検定3級が向いている人

  • ビジネスの基本的な知識・概要をつかみたい人
  • 投資に興味がある人
  • 希少性のある資格を今のうちに取っておきたい人

ビジネス会計検定3級は、経済活動における基本的な会計知識を身につけたい方や、会計の応用力を高めたい方に向いています。この試験を受けることで、企業、求人先での評価が向上し、さらなるキャリアアップの可能性が広がります。

簿記3級が向いている人

  • 財務諸表を作る側の仕事に就いている/就きたい人
  • 簿記3級より上の資格に興味がある/目指す予定のある人
  • 有名な簿記3級という資格をとりあえずおさえておきたい人

簿記3級は、より専門的な簿記知識を身につけることを目指す方に向いています。会計士や税理士を目指す方や、企業の経理部門で活躍したい方は、簿記3級を先に受けることで、基礎から応用まで幅広い会計スキルを身につけることができます。簿記3級には合格後の先に、明確なキャリアプランや上位資格があるのがポイントです。

まとめ

ビジネス会計検定3級 簿記3級を比較して解説してきました。

いずれも会計・ビジネスに欠かせない資格ですが、その役割ははっきりと違うことがわかりました。ビジネス会計検定3級では財務諸表の中身を見ていき、簿記3級では財務諸表そのものを作成する方法・手順について学んでいきます。自分のキャリアプランに合った方を選んで受験してみてはいかがでしょうか。

みなさんの合格を応援しております。

以上、「ビジネス会計検定3級 簿記3級を徹底比較|どっちが先?メリットは?」でした!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次