ビジネス会計検定3級の勉強時間|合格者がわかりやすく解説します♪

  • ビジネス会計検定3級の勉強時間は大変なのかな、、
  • ビジネス会計検定3級はどれくらいで合格できるのかな?

こうした疑問にお答えします。

tano

ビジネス会計検定3級に(独学で一度で)合格した経験をいかして、わかりやすく解説していきます!

このサイトはプロモーションを含みます。

目次

ビジネス会計検定3級の勉強時間

勉強時間は50時間程度とされています。

財務諸表に親しみがあるか、簿記3級を持っているなら半分の25時間程度で合格が狙えます。

tano

簿記3級をもっている私は25時間程度で合格できました。

ビジネス会計検定3級の合格率

ビジネス会計検定3級の合格率は60~70%で推移しています。

基本的な内容が多く、ビジネスや会計の初心者の方でも合格が狙えるチャンスのある難易度になっています。

時期 合格率
2023.10 70.2%
2023.3 61.7%
2022.10 67.2%
2022.3 63.5%

ビジネス会計検定試験🄬 試験結果・受験者データ より)

ビジネス会計検定3級の受験資格・試験時間

受験資格 試験時間 受験料
制限なし 120分 4950円
tano

ビジネス会計検定3級の途中退出は可能でした。試験時間はたっぷりあるよ!

マークシート4肢択一形式なので、得点しやすい試験になっています。

独学で合格できる?

独学で合格が十分ねらえます。

ビジネス会計検定試験3級は会計・企業分析の初学者向け試験です。合格率も高く、十分に独学で合格が狙えるレベルにあります。

簿記3級以上を持っている人の方がもちろん有利ですが、ビジネス会計検定試験3級からスタートしても独学で大丈夫です。独学の場合、勉強時間が長めになる傾向がありますが、ビジネス会計検定3級のレベルではそこまで大差はないようです。

公式テキストの導入が丁寧でわかりやすく、取り組みやすい内容になっています。

おすすめ問題集・テキスト

公式テキスト・問題集があり、これが試験範囲そのものなので基本的に「公式テキスト・問題集それぞれ1冊」での勉強をおすすめします。

tano

この2冊を持っている人を試験会場でたくさん見かけたよ!

この2冊をやり込める勉強時間が確保できれば、「50時間程度」という時間に関わらず合格が狙えます!

ビジネス会計検定3級ってどんな試験?

ビジネス会計検定試験は大阪商工会議所による、会計リテラシー向上を目的としたビジネスパーソンのスキルアップのための試験です。2007年からスタートし、全国で受験ができます。

会計リテラシーってなに?

損益計算書や貸借対照表などの財務諸表を理解できる能力のこと

1~3級に分かれており、1級は年一回開催、2・3級は年二回開催されています。

tano

簿記3級に次いで、注目されている会計系検定のひとつだよ!

企業の財務諸表の分析に関係する知識をつけたい初心者向けの試験になっています。

会計・財務諸表初心者でもOK!

どんな人が受ける?

ビジネス会計検定は会計リテラシーを高めたいと考える、20代から50代のビジネスマンに人気の資格です。

  • 会社員69%、学生9%、その他22%
  • 21歳から30歳(32.2%)>31歳から40歳(29.8%)、、

※「その他」は製造業、サービス業、金融・保険業、卸売業、情報通信業、電気・ガス・水道業、公務員・団体職員、学生以外をいいます。

tano

試験会場では、会社員の方がほとんどで、学生は少なかった印象でした!

3級の受験者数は1回あたり約4000人で、年間約1万2000人にのぼります。

ビジネス会計検定試験のメリット

  • 社会人に必須の会計知識が身につく
  • NISA、iDeCoなどの投資シーンで使える知識が身につく
  • 就職・転職でのアピールポイントになる

ビジネス会計検定試験は、日商簿記検定などの試験に比べて、認知度や受験者数が発展途上にあります。

現在、さまざまなメディアや記事で紹介されてきていて注目されているので、これから就職・転職での評価が上がっていくと考えられます。

ビジネス会計検定3級と簿記3級どっちが先?

どちらも取る予定なら、簿記3級からの受験をとてもおすすめします!

これは公式テキストに書いてあるように、

私どもは、長年の実績を誇る簿記検定試験に加えてこの「ビジネス会計検定試験」を実施することにより、会計リテラシーを持つ人材の裾野がさらに広がることを期待しております。

ビジネス会計検定🄬公式テキスト3級 発行にあたって より引用

簿記3級にプラスαとして、ビジネス会計検定3級を学ぶことでより理解が深まるので、簿記3級にさきに挑戦することをおすすめします。

また、内容としても

財務諸表を作るまでの「簿記3級」→作られた財務諸表を読む「ビジネス会計検定3級」

ですので、順序的に簿記3級がさきになっています。

tano

簿記3級とビジネス会計検定3級の両方を受験するなら、一方の勉強時間を短縮できる可能性があります!

ビジネス会計検定3級の勉強時間まとめ

ビジネス会計検定3級の勉強時間・難易度を中心に解説してきました。ポイントをざっくりまとめると次のようになりますね。

  • 会計リテラシーを高めたい方向け
  • 難易度はやや低めで合格率60~70%
  • 勉強時間は50時間程度
  • 社会人の受験者が多い
  • 簿記3級+αの位置づけ

会計リテラシーを高めたい方や、簿記3級にこれから挑戦する方、簿記3級に受かった後もっと理解を深めていきたい方はビジネス会計検定3級の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

みなさんの合格を応援しています。

以上、『ビジネス会計検定3級の勉強時間|合格者がわかりやすく解説します♪』でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次