簿記3級に不合格は恥ずかしいのか?合格への対策を解説!【落ちた】

  • 簿記3級に落ちた、、恥ずかしい、、
  • 簿記3級に再受験してもなかなか受からない!
  • 簿記3級に次こそ合格したい!おすすめの勉強方法を教えて!

こうした悩みにお答えします。

tano

簿記3級に(独学で一度で)合格しました。簿記を学んだことがまったくない、私のような理系でも合格できた視点から具体的に解説します!

このサイトはプロモーションを含みます。

目次

恥ずかしい?簿記3級に不合格・受からない人へ

①受かる人の方が少ないことを知っていますか?

日付 合格率
2023.11.19
33.6%
2023.6.11
34.0%
2023.2.26
36.5%
2022.11.20
30.2%
2022.6.12
45.8%
2022.2.27
50.9%
2021.11.21
27.1%

簿記3級の統一試験の合格率は25%~55%で、約40%で推移しています。(日本商工会議所 3級受験者データ より)

ネット試験と統一試験は、難易度も合格の価値も同程度とされており、受験者数も簿記3級は毎年30万人ほどが受験していることから、40%はかなり信頼できる合格率になっています。

世間では、こうした言葉が独り歩きしていることを見かけます。

  • 「簿記3級くらいは知っていて当然」
  • 「簿記3級は誰でも独学で合格できる基礎教養」
  • 「簿記3級に経済学部出身なら勉強しなくても受かる」

基礎的な内容が多く含まれていること、少ない学習時間で合格できるレベルであることは事実ですが、実際は約6割の人が不合格になっています。

簿記3級不合格の方が多数派!恥ずかしくない!

一方で、大手スクール出身者では高い合格率が出ていることから(スクールによっては80%以上を誇るところもあります)、独学の受験者が合格率を引き下げていて、独学の人だけだと合格率20~30%程度の合格率しかないことが容易に推測されます。

簿記3級に不合格になっても決して恥ずかしくはありません。あなたが受験した試験会場の半分以上の方が合格できていないのですから。

②難しい受験回に受験しただけではありませんか?

前述のように直近の筆記試験でも、最も低いときで27.1%、最も高いときで50.9%の合格率でした。

自分が受験した回が難しかっただけの可能性も十分にあります。

また、一般にCBT方式の方が筆記試験より難易度が低いとされています。

筆記試験で不合格の経験がある方は、CBT方式(ネット試験)にも挑戦してみてください。

③理解不足・勉強不足ではありませんか?

簿記3級には50時間程度の勉強時間が必要とされています。

自分の理解力を信じることも大事ですが、極端に短い時間での挑戦はあまりおすすめできません。また、半分以上が不合格となる試験ですから、「まわりの人と同じ勉強量」では不合格になってしまいます。

合格率が40%なら、上位40%の努力・勉強時間をしてから挑戦しましょう。

簿記3級に不合格でも恥ずかしくない!合格のための対策

①テキストはあなたに合っていますか?

簿記3級に合格する場合、テキストは1冊で十分です

これは、初心者・独学の場合でも1冊(必要なら過去・予想問題集を追加で1冊)で問題はありません。

ただし、テキストによっては「初心者用」と題していても、前置きなしに財務諸表の穴埋めから始まったり、仕訳の方法論から始まったりするものがあります。

自分にあったテキストを改めて探すことも合格への近道です。

簿記3級のテキストはこの2冊が2強です。

どちらか一方でよいですが、いずれもTAC出版さんなので基本的な考え方・スタイルは同じです。

tano

私は「スッキリわかる」で一発合格できました!ほかの問題集などは必要なかったよ!

②仕訳が練習不足ではありませんか?

簿記3級はカンタン!

そう言われる理由は、「仕訳さえ確実に出来れば合格は目の前」であることです。


簿記3級は100点満点のうち70点以上で合格となります。

簿記3級の問題構成
  • 第一問:仕訳15問(45点)
  • 第二問:仕訳して勘定記入・補助簿穴埋めなど(20点)
  • 第三問:財務諸表・精算表(35点)

以上のように仕訳そのものが45点、仕訳から表へ転記する問題で残りの55点を占めています。

第三問が35点の割に時間がものすごくかかるので、第三問に30分近く残せると理想的です。

この仕訳そのものが、時間が極端にかかってしまったり、理解が及んでいなかったりすると合格が一気に遠のきます。

当たり前のことですが、不合格になった経験がある方は、自分で理解したつもり仕訳がいくつも存在しているはずです。

基本的に、見たことのない仕訳のパターンは自分でできないので、多くの問題をやりこんで、多くのパターンに触れる経験が必要です。

仕訳だけを極めて45点/70点をとる

前述のように、仕訳を徹底的にやり込めば合格はかなり近づきます。

tano

とくに不合格だった経験がある方の場合、第一問の得点率を確認しておきましょう。

第一問は15問以内となっていて、基本的に15問×3=45点になっています。

ここで、13/15問以上は正解しておかないと第二問と第三問にかかる負荷が大変になります。

第二問と第三問は問題が一連の流れになっていて、序盤でつまずいてしまうと、大きく点数を失う形式になっているので、自分の手ごたえの割に得点が取れない場合があります。
確実に得点すべき第一問でミスが多い人はかなり敏感になって、復習しておくことをおすすめします。

③独学で大丈夫ですか?

不合格になった人の多くが独学で勉強されていることは、想像に難くありません。
そして、この独学の落とし穴こそが「間違った理解で進むこと」にあります。

独学で不合格だった人は、かなり多い!恥ずかしくないよ!

簿記3級の学習は独学で合格できるレベルにあるものの、基本的に独学での学習はおすすめしていません。

tano

私は独学で合格したものの、誰かに教わることができたら良かったなと後悔しています。

スクール・講義で解決する

あやまった理解のまま進んでいると、再受験をしても同じようなミスをする可能性が高くなります。

独学の落とし穴にはまらないように、スクールに通って授業を受講し、知識の整理をしておくことが近道です。

おすすめのスクール(および講座)

お金もかかり、一見遠回りに見えますが、スクールに通うことが最適であることは簿記学習において明らかです。

簿記合格後に改めてスクールに通いなおす方もいらっしゃいます。

【まとめ】簿記3級は落ちても恥ずかしくない!まずは仕訳から!

簿記3級に不合格・受からないパターンについて解説してきました。

簿記3級に不合格だったことで恥ずかしいという気持ちもわかりますが、恥ずかしいと感じることはありません。

  • 簿記3級合格率40%で、半分以上が不合格
  • 簿記3級独学の合格率はさらに低い
  • 簿記3級は難しい回がまれにある

簿記3級は内容が基礎教養的であるだけで、決してカンタンに誰でも受かるものではありません。一度の試験で半分以上の人が不合格を経験しています。

幸いにもCBT方式では繰り返し受験できるので、しっかり準備をして再チャレンジしてみてください。

みなさんの合格を応援しています。

以上、「簿記3級に不合格は恥ずかしいのか?合格への対策を解説!【落ちた】」でした。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次