漢検 準2級 難易度: 合格への道のりと重要なポイント

漢字検定準2級の難易度は、日本漢字能力検定の中級レベルであり、一定の漢字力が求められる試験です。合格点や合格率、試験の難易度について知ることで、効果的な対策を立てることができます。この記事では試験日程や検定内容、合格することで得られるメリットについて紹介しています。漢検準2級の合格を目指すためのコツや効果的な対策について、具体例とともに解説していきます。漢字検定合格への道のりをスムーズに進めるために必要な情報をお伝えします。

  • 漢検準2級の難易度ってどれくらい?難しいのかな。
  • 漢検準2級に合格するのに重要なポイントを知りたい!

こうした疑問にお答えします。

tano

漢字検定準2級以上に合格している経験をもとに、わかりやすく解説していきます!

このサイトはプロモーションを含みます。

目次

漢字検定準2級の難易度

漢字検定準2級の難易度について、合格点数、合格率からみていきます。

漢字検定準2級の合格点

  • 漢字検定準2級の合格には70%程度が必要
  • 漢字検定準2級の満点は200点
  • 約140点で合格ライン

漢字検定準2級の合格には70%程度にあたる、140点が必要です。合格基準点数はその回の難易度によって前後することがあります。

tano

私が2級に合格した時は、合格点数が80%必要(160点)なところが、155点以上になっていました。難しい回であれば調整がなされるようです。

漢字検定準2級の合格率

実施回 合格率
2023年度 第2回 37.9%
2023年度 第1回 33.4%
2022年度 第3回 38.5%

漢字検定準2級の合格率は年度や志願者数によって異なりますが、一般的には35%前後の合格率となっています。

漢検準2級の試験日程と検定内容

漢字検定準2級の概要について、検定日程、試験時間、出題範囲から見ていきましょう。

2024年の試験スケジュール

第1回第2回第3回
検定日6/1610/202/16
受付開始日4/198/1612/10
結果・解答送付日7~8月12月3~4月
日本漢字能力検定 2024年度 試験日程 より

2024年の漢字検定準2級の試験スケジュールは、年度ごとに公表されます。最新の情報をご確認ください。

漢検準2級の検定時間と検定料

  • 検定時間は60分間
  • 漢字検定準2級は13:40開始予定
  • 検定料は3500円

2024年度第1回から開始予定時刻が変更されていますので、最新情報になります。

出題される漢字の範囲

  • 常用漢字のうち1951字
  • 高校在学程度のレベル
  • 漢字の読み、書き取り、部首、送り仮名、対義語・類義語、同音・同訓異字、誤字訂正、四字熟語、熟語の構成から出題される

漢検準2級の試験では、一般的な日常生活に必要な漢字が中心となっています。

漢字検定に合格するメリット

漢字検定に合格するメリットについて、入試・就職シーンでの評価をもとに解説します。

入試で評価対象になる

  • 漢検を入試で評価する対象としている大学は約65%
  • 漢検を入試で評価する対象としている高校は約50%

漢字検定の合格は、大学受験や高校入試での評価材料となります。高校生の場合は大学入試において、漢字検定の合格が加点要素として評価されることがあります。

就職・転職に役立つ

漢字検定の合格は、就職や転職活動においても優位に立つことができるポイントとなります。漢字に関する知識や能力は、ビジネスシーンや社会人としてのコミュニケーションにおいて重要な要素となるため、漢検合格は大きなメリットとなります。

漢字検定に合格していることでを、言語力の高さを測る指標として活用する企業が一定数あります。また、漢字検定を取得するまでの過程・経験を、「目標に向かって学ぶ意欲がある」と判断する材料としている企業もあり、書類選考と面接での漢字検定の効果がうかがえます。

漢検準2級合格のコツ

漢検準2級に合格するコツを、おすすめテキストや重要ポイントにしぼって解説していきます。

漢字検定準2級の対策ができるおすすめの問題集・参考書

漢字検定準2級に合格するための効果的な対策として、過去問題や模擬試験を活用することが重要です。対策に役立つ問題集や参考書を活用しながら、各種問題に対する対策を練ることが大切です。王道の問題集は公式から出ている「ステップ」です。1冊で多くのことを学びたい方におすすめなのは「でる順」シリーズです。わかりやすさと取り組みやすさを重視するなら「史上最強」シリーズが人気です。

重点を置くべき問題

漢字検定準2級の試験では、特に漢字の正しい読み方や意味を問う問題が重要です。これらの基本的な問題にしっかりと対策し、高い正答率を目指すことが合格への近道となります。また、対義語・類義語、同音・同訓異字、誤字訂正では正答率が低い傾向にあるので、ここで失点をおさえることが合格のポイントになります。

過去問の活用法

過去問題の活用は、漢字検定準2級合格のために非常に有効です。過去の出題傾向や問題の難易度を把握することで、自身の弱点を克服し、効率的な対策を行うことができます。漢字検定では過去問が繰り返し出題される傾向にあるので、過去問対策は必須です。多くのテキストは過去問をもとに作成されていますから、テキストで十分に対策は可能ですが、必要なら過去問題集を1冊用意しておくと良いでしょう。

模擬試験・実践問題の重要性

模擬試験は実際の試験に近い状況で漢検準2級の試験を体験することができる貴重な機会です。模擬試験を受験することで、試験時間を実感し、自分で時間配分をコントロールできるようになります。テキスト・問題集の巻末に付属している実践問題をつかって時間を計りながら解くことで、本番に近いシチュエーションを再現することができます。

まとめ

漢検準2級の難易度について解説してきました。

漢字検定準2級は35%程度の合格率で難易度が高めではありますが、しっかりと対策すれば十分に合格のチャンスがある資格試験です。入試や就職などのさまざまな場面でメリットとなる可能性のある試験ですので、ぜひ受験を検討してみてはいかがでしょうか。

みなさんの合格を応援しています。

以上、「漢検 準2級 難易度: 合格への道のりと重要なポイント」でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次