ChatGPT無料版と有料版(ChatGPT Plus)の違い完全ガイド

AIテクノロジーの発展に伴い、多くの人が日常生活やビジネスシーンで人工知能の助けを借りるようになりました。中でも、OpenAIが開発したChatGPTは、その応用可能性で注目を集めています。とくに「ChatGPT 無料と有料の違い」は、これからChatGPTを利用していく人にとって重要なポイントとなっています。無料版のChatGPTも強力ですが、有料版であるChatGPT Plusにはさらに多くの機能が備わっており、その差が何なのか、またそれがニーズにどのようにマッチするか、理解することは重要です。この記事では、ChatGPTの無料版と有料版の具体的な違いを詳しく解説し、どのようなシーンで有料版が役立つのかを明らかにします。

tano

有料版ChatGPT(ChatGPT Plus)をずっと使ってきた経験をもとに、わかりやすく解説していくよ!

目次

ChatGPTの無料版と有料版の違い

ChatGPTの無料版と有料版(ChatGPT Plus)には、料金、アクセスの繋がりやすさ、回答の精度など複数の違いがあります。(内容は執筆時点となります)

料金

ChatGPTの無料版は、GPT-3.5までの機能であれば無料で利用できます。一方で、有料版のChatGPT Plusは月額20ドル(日本円で約3000円)の料金が発生します。さらに拡張したければ、月額25ドルでTeam版の利用をすることができます。

回答の精度

有料版のChatGPT Plusでは高度なモデルが使用されており、生成される回答の精度が向上しています。具体的な事例やデータを基にした複雑な質問に対しても、より正確で詳細な答えを出力することができます。従来までは、まったくのゼロから文章を生成すると、リクエストとのズレが生じるケースが多々ありましたが、ChatGPT Plusでは大幅に改善されています。

回答の速度

無料版ChatGPTが唯一、有料版に勝っている点が回答の速度です。

とくに条件や情報の多い入力を与えた場合、出力時間に差が生まれます。たとえば「○○をテーマに○○の条件で記事を2000字で書いてください。」と指示したとき、内容によっては、無料版ChatGPTでは数秒、有料版ChatGPTでは30秒~1分程度の回答時間がかかります。ただし、差があるとしても1分程度なので、1分待つことでより精度の高い回答が得られることを考えるとChatGPT Plusの利用するメリットの方が大きいと言えます。

対応言語

無料版と有料版のChatGPTは、対応言語に差がありません。

アクセスの繋がりやすさ

ChatGPT Plusは、サーバへの優先アクセスが可能です。無料版では、利用者が多い時にはつながりにくい状況になり、アクセスが制限されるか、応答が遅れる可能性があります。かつてChatGPTリリース当初には無料版のアクセスが殺到し、なかなか使えなかった、という状況がありましたが、有料版では快適に利用することができます。

安全性

有料版のChatGPT Plusは、セキュリティが向上し、安全性が高められています。また、倫理面や肖像権への配慮がなされるように改善されています。著名人の画像を生成したり、倫理的に作成すべきでない画像やもののレシピを出力したりしないようになっています。

画像入力が可能

有料版のChatGPT Plusでは、テキスト入力だけではなく、画像入力が可能になっています。これにより、画像解析をさせて情報を文字で起こしたり、画像生成の例をChatGPTに与えることができるようになっています。

質問/生成可能な文字数

無料版では一度に生成できる文字数に制限がありますが、ChatGPT Plusではこの制限が大幅に(たとえば2~3倍)ほどに広がります。これにより、より長い文章や報告書、記事の生成を一度に行うことができ、情報の提供がさらに充実します。

ChatGPTの有料版(ChatGPT Plus)のメリット

ChatGPT Plusには、GPT-4の利用やブラウジング機能、画像生成機能など、多彩なメリットがあります。

GPT-4が利用可能

ChatGPT Plusを利用する最大のメリットの一つは、最新のAIモデルであるGPT-4を使用できることです。このモデルは、以前のバージョンよりもさらに進化し、複雑な問いに対しても高度な回答を出力してくれます。これにより、ユーザーはより質の高い情報を得ることができ、さまざまな場面での活用が見込まれます。

医師国家試験を突破できる、司法試験に受かる、と言われるほどの性能がGPT-4にはあります。

ブラウジング機能が使える

ChatGPT Plusではブラウジング機能が付随しており、最新の情報やデータをもとに回答を返すことができます。ChatGPT Plus(GPT-4)では、2023年4月の情報までを学習していることから(本記事執筆時点)、直近の話題については不確実な情報を返す可能性がありました。しかし、このブラウジング機能により、情報のアップデートや事実確認が可能となり、信頼性の高い情報提供を行うことができます。

DALL-E3で画像生成できる

有料版のChatGPT Plusユーザーは画像生成AIのDALL-E3を利用することができ、テキストから高品質な画像を生成することが可能です。また、商用利用可能であることから、さまざまなビジネスシーンでの利用がされています。DALL-E3最大の特徴はコンテンツを簡単に作成できることと、繰り返し何度も画像出力ができる点にあり、納得のいく画像生成を初心者でも行うことができます。

Advanced Data Analysisでデータ分析できる

ChatGPT Plusでは、Advanced Data Analysis機能を通じて、複雑なデータセットの分析が可能です。これにより、議事録をまとめたり、結果の集計を効率に行ったりと、ビジネスシーンでの活躍が期待されます。

プラグイン機能が活用できる

ChatGPT Plusでは、さまざまな外部サービスと連携するプラグイン機能が追加されています。これにより、ユーザーは特定のタスクやアプリケーションにおいて(食べログに代表されるような)、AIを活用できます。ただし、2024年のGPTsリリース後では、GPTsの普及に伴ってプラグイン機能の重要性は低くなっています。

GPT Storeが利用可能

有料版の特典として、GPT Storeへのアクセスが可能です。ここでは専門的なモデルや特定の機能向けのGPTsが基本無料で購入でき、ユーザーは自分のニーズに合わせてChatGPTを拡張することができます。また、作成したGPTsを利用してもらえると報酬がもらえるシステムになっており、個人や法人によるGPTsの活用が加速しています。

ChatGPTの有料版(ChatGPT Plus)の活用シーン

ChatGPTの有料版(ChatGPT Plus)に向いている人、おすすめの活用シーンを利便性や画像生成機能、ビジネスの観点から見ていきましょう。

ChatGPT-4の利便性を重視する人

ChatGPT-4の精度の高さ・利便性を評価するのであれば、有料版ChatGPTに向いている人といえます。無料版ChatGPTの時点でも、本にして約200万冊以上の膨大な事前学習から、私たちの入力(プロンプト)に対する答えを導き出すことができます。これが有料版ChatGPT(GPT-4)では、さらに多くの事前学習がされており、実際に利用していると、ほとんど違和感なく使うことができます。とくに「意味・意図・ニュアンス」の理解がGPT-4の方が圧倒的に優れていて、ストレスなく使えることが魅力的です。

画像生成機能を使いたい人

画像生成機能をChatGPTで利用するには有料版を利用することになります。現在では、無料で画像生成AIを利用できるアプリケーションがいくつか存在しますが、話にならないほどのスペック差がChatGPTのDALL-E3にはあります。DALL-E3は現在の画像生成AIではトップクラスで、サムネイルや企業広告などで使われるような優れたAI画像の多くはDALL-E3で作られています。

ビジネスにChatGPTを活用したい人

ビジネスでの利用では有料版のChatGPTがおすすめです。ChatGPTに関わらず、AIが生成したものには誤情報が含まれる可能性をふまえて利用することが原則的ですが、ミスの許されないビジネスシーンにおいては少しでも高性能なGPT-4を使っておきたいという方が多くいます。

まとめ

ChatGPT無料版と有料版(ChatGPT Plus)の違いについて解説してきました。

AIの性能としては、無料版ではGPT-3.5であり、有料版ではGPT-4となっていてその差は圧倒的ともいわれています。すでにAIを利用している人の多くは、20ドルという価格は安いという見方をする人の方が大多数を占めています。はじめは無料版ChatGPTで試してみて、使いこなせそうであれば、有料版ChatGPTにアップグレードしてみてはいかがでしょうか。

以上、「ChatGPT無料版と有料版(ChatGPT Plus)の違い完全ガイド」でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次