ChatGPTを使った画像生成方法の完全ガイド|ゼロから解説

ここ数年で、AI技術の進歩により、日常生活やビジネスシーンに革命的な変化がもたらされています。とくに、ChatGPTを利用した画像生成は、その進歩が顕著になってきました。ChatGPTの画像生成AIであるDALL-E3は、単なるテキスト入力から驚くほどリアルで創造的な画像を生み出す能力を持っています。このブログ記事では、「ChatGPTを使った画像生成方法の完全ガイド」と題して、DALL-E3の機能紹介から始め、どのように利用できるか、さらには商用利用の可否に至るまで、その詳細を解説していきます。

具体的には、DALL-E3を使った画像生成における基本的な手順、高品質な画像を得るためのコツについて触れ、活用するための知識とヒントを提供します。AIによる画像生成がどのように役立つか、実例を交えながら詳しく見ていきましょう。

tano

ITパスポート資格を有し、有料版ChatGPTを使って仕事をしてきた経験をいかして解説していきます。

目次

ChatGPT 画像生成はDALL-E3

ChatGPTでの画像生成には、DALL-E3というモデルが使用されています。これはOpenAIによって開発された最先端のAIで、単純なテキストから複雑な画像を生成することが可能です。ユーザーが入力した説明を基に、DALL-E3はそれに合致する画像を「描く」ことができるのです。この技術は、ビジネスシーンだけでなく、広告や教育、さらには研究といった多岐にわたる領域で利用されています。

ChatGPT 画像生成は無料で利用できる?

基本的に、ChatGPT(GPT-4)とDALL-E3を利用した画像生成は無料で利用することはできません。公式のChatGPT では有料版でないと画像生成が利用できないようになっており、ChatGPT Plusへのアップグレードが必要です。

無料版ChatGPT に画像生成をお願いすると次のように返ってきます。

ChatGPT DALL-E3の機能と活用方法

DALL-E3は非常に多機能で、静物画から人物、風景画まで、幅広いジャンルの画像を生成することが可能です。さらに、画像のスタイルや元になるアートの種類も指定できるため、ユーザーの要求に応じたカスタマイズが可能です。企業が商品のビジュアルコンテンツを生成する際や、アーティストが新しいアイデアを形にする際にも利用されています。

ChatGPT DALL-E3の性能と評価

DALL-E3の性能は業界内でも高く評価されており、特にその画像のリアリズムと詳細な表現力が注目されています。生成される画像は高い精度でテキストの内容を捉え、多様な色彩と形状を緻密に再現することが可能です。これにより、ユーザーはほぼ無限の創造性を発揮することができます。執筆時点で利用できる画像生成AIの中では、DALL-E3が最高峰の性能を誇ります。ChatGPT公式以外では、無料で利用できる画像生成AIはいくつか存在しますが、実際に生成された画像のクオリティ、人間の入力(プロンプト)に対する理解力ではDALL-E3の右に出るものはいません。

ChatGPT DALL-E3 商用利用可能

DALL-E3生成の画像は、すべて商用目的で利用することができます。ただし、これにはいくつかの制限があり、OpenAIのポリシーに従う必要があります。もちろんですが、著作権に関する規則を遵守すること、生成した画像を利用する先の規則に従うことが重要です。ChatGPTからみて商用利用可能であっても、商用利用したい先のサイトやSNSでは「AIで生成された画像」が禁止されていたり、「AIで生成したこと」を明記しなければならないなどのルールがあったりすることがあります。

ChatGPTとDALL-E3を活用した画像生成の基本

画像生成を始めるには、まずはDALL-E3の基本的な使い方を理解することが重要です。基本的なテキストプロンプトの書き方から、より複雑な画像を要求する方法まで、見ていきましょう。

DALL-E3の基本的な使い方

DALL-E3を使用するには、OpenAIのプラットフォームにアクセスし、アカウントを作成する必要があります。また、有料のChatGPT PlusにアップグレードしてDALL-E3およびGPT-4をアクティブにする必要があります。

GPT-4になっていることを確認し、画面下の入力から、画像生成用のテキストを入力して、生成をリクエストします。数秒から数分で、AIはテキストに基づいた画像を提供します。

DALL-E3で思い通りの画像を作るコツ

  • 構図、色、背景から具体的に伝える
  • #「」などの記号や区切りを使ってテキストを明確にする
  • 「以下のようにしてください。」の「以下」の範囲を明確に
  • 完成図を手元に用意するか、具体的にイメージする
  • 「かわいい女の子」ではぜったいに伝わりません!
  • 「ビジネスマンの男性」と2回まったく同じ指示をしても違う画像ができることを知っておく。

思い通りの画像を生成するためには、具体的かつ詳細なテキストプロンプトを用意することが重要です。画像に含めたい要素を明確にし、可能な限り具体的な説明を加えることで、AIはより正確な画像を生成することができます。また、色彩やスタイルについても指定すると、望む結果に近づけます。

実例をお見せします。

「ビジネスマンの男性の画像を生成してください。」
「ビジネスマンの男性の画像を生成してください。」

同じ質問に対して異なる画像が生成されました。この「ビジネスマンの男性の画像を生成してください。」に該当する、ふさわしい画像は無限に考えられますから、そのたびにかなり違う画像が生成されてしまいます。

もう少し具体的にしてみると改善できます。こうしたプロンプトであればどうでしょうか↓

「ビジネスマンの男性の画像を生成してください。」(上の画像のようにプロンプトを入力)

要望に近い画像が返ってきましたね。この時点でもまだ違うと思うのであれば、その分だけ条件を増やしていけば理想的な画像生成が可能です。

このようにChatGPTで画像生成を指示したとき、「思っていたのと違う!」となる初心者にありがちなのは、プロンプトが適切でない場合がほとんどです。理想とのズレがないように、プロンプトを磨くことを意識していきましょう。

まとめ

ChatGPTを使った画像生成方法について解説してきました。

公式のChatGPTでは有料でのみ、画像生成AIのDALL-E3を使用することができます。この画像生成AIは、入力するテキスト(プロンプト)にかなりの工夫と練習が必要で、初心者は「プロンプトを磨く、練習する」ことが重要になってきます。

これから画像生成AIにチャレンジしてみたいという方であれば、本家OpenAIのChatGPTで公式のDALL-E3を使うことをおすすめします。

以上、「ChatGPTを使った画像生成方法の完全ガイド|ゼロから解説」でした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次