Google アドセンスとアフィリエイト:どっちのメリットが大きい?

「Google アドセンス アフィリエイト どっち」、ブログ初心者にとっては悩ましい選択肢ですね。どちらが自分のサイトに適しているのか、どちらが収益性が高いのか、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

Google アドセンスとアフィリエイトは、それぞれ異なる特性を持っており、運用方法や収益性も異なります。例えば、Google アドセンスは広告を自動的に表示して収益を上げる仕組みですが、アフィリエイトは自分で商品を選んで紹介し、成果報酬を得る仕組みです。両者にはそれぞれメリットやデメリットがあり、適性サイトや運用方法も異なります。しかし、実際には両方を併用することで収益を最大化することができます。この記事では、「Google アドセンス アフィリエイト どっち」をテーマに、両者の比較から適性サイトや収益性、使い分け方まで幅広く解説していきます。自分のサイトに合った選択肢を見極め、より効果的な収益化を目指しましょう。

  • Google アドセンスとアフィリエイトどっちが稼げるの?
  • Google アドセンスとアフィリエイトどっちが今のサイトに合ってるか知りたい!

こうした疑問にお答えします。

tano

ブログ収入の主軸であるGoogle アドセンスとアフィリエイト。
どっちが良いか、比較して紹介していきます!!

目次

Googleアドセンスとアフィリエイトの比較

Googleアドセンスとアフィリエイトは、ブログ広告の主な収入源です。Googleアドセンスは、ブログやウェブサイトに広告を掲載して、クリックや表示ごとに報酬を得るサービスです。一方、アフィリエイトは特定の商品やサービスを紹介し、その商品が売れた際に報酬が発生する仕組みです。両者にはそれぞれ特徴があり、適した運営方法が異なります。

Googleアドセンスとアフィリエイトの違い

Googleアドセンスは広告主が自動的に選ばれる広告を表示し、クリックや表示のたびに報酬が発生します。一方、アフィリエイトは自ら商品やサービスを紹介し、その成果に応じて報酬を受け取る点が異なります。

Googleアドセンス

クリック型広告⇒クリックして広告を見てもらえたら報酬

アフィリエイト

成果報酬型広告⇒クリックして商品・サービスの申し込み・購入までいけば報酬

Googleアドセンスとアフィリエイトのメリット

Googleアドセンスのメリットアフィリエイトのメリット
報酬が発生しやすい
広告の貼る場所を決めるだけでOK
読者にあった広告が表示される
単価が高い
審査がかんたんなものが多い
記事にあった広告を選んで表示できる

Googleアドセンスのメリットは、広告を通じての報酬発生のハードルが低いこと、継続的な報酬が期待できることです。一方、アフィリエイトは1つの広告あたりの、1人の読者あたりの単価が高いという利点があります。どちらも、ウェブサイトの運営による収益化が可能です。

Googleアドセンスとアフィリエイトのデメリット

Googleアドセンスのデメリットアフィリエイトのデメリット
アフィリエイトに比べて単価が低い
Googleアドセンス審査が厳しい
報酬が発生しにくい
Amazonアソシエイト審査だけやや厳しい

Googleアドセンスのデメリットは、PV数(アクセス数)やクリック数依存であること、記事の内容と一致しない広告が表示される可能性があることです。一方、アフィリエイトは商品の購買率が低い場合など、成果発生のハードルが高いことが挙げられます。しかし、適切な戦略でこれらの課題を克服することが可能です。

Googleアドセンス審査におけるアフィリエイト広告の有無について

Googleアドセンス審査は厳しいことで知られていますが、この基準で、よく話題になるのが「アフィリエイト広告を貼った状態ではアドセンス審査に不利?」です。

結論から言うと、アフィリエイト広告の有無は審査に影響しません。実際に私の運営するサイトはすべて、アフィリエイト広告を貼った記事がたくさんある状態で、Googleアドセンス審査に合格してきました。

ただし、アフィリエイト広告を貼った記事が「質の低いコンテンツ」とみなされた記事の場合には、その記事を下げることで審査に通ったという例もあり、アフィリエイト広告を貼った記事を下げたから合格したように見えることがあります。また、Googleアドセンスの規約は厳しめなので、アフィリエイト広告の内容次第では、避けておいた方が良い例も少なくありません。

Googleアドセンスとアフィリエイトの適性サイト

Googleアドセンスとアフィリエイトは、併用して運営することが可能です。これにより、ウェブサイトの収益化の幅を広げることができます。両者の使い分け方の例としては、アドセンス広告を記事の中やサイドバーに配置し、アフィリエイトリンクは記事内に自然に組み込むことが効果的です。また、アフィリエイトリンクの多い記事には、アドセンス広告は控えめにしておくと効率的です。

アフィリエイト広告のある記事ではアドセンス広告を控えめにしておくべき理由
  • Googleアドセンスの規約を守るため⇒1記事内の合計広告数が多すぎると判断される可能性があるから
  • アフィリエイトからの報酬発生を効果的にしたいから⇒アドセンス広告があることで、そちらをクリックしてしまい、単価の高いアフィリエイトへの流入を阻害する可能性があるから

Googleアドセンスとアフィリエイトの収益性について

Googleアドセンスは収益が発生しやすい一方で、アフィリエイトに比べると単価は低めです。また、「Googleアドセンス広告を押してもらいやすい位置」に貼ることで収益性を上げることはできますが、「Googleアドセンス広告を押すように誘導すること」はできません。したがって、収益率をあげるのには限界があるので、見てくれる人数を増やす、すなわちPV数(アクセス数)を増やすことが大切です。

一方でアフィリエイトは記事の内容をふまえ、その商品・サービスが魅力的だなと感じてもらう必要がありますから、ライティングテクニックが重要です。SEOライティングやセールスライティング力を身に着けてアクセスした人のうち、高い割合で広告から購入してもらえるようなライティング力を身に付けましょう。もちろんPV数はアフィリエイトにおいても大切です。

特化ブログはアフィリエイト向き

アフィリエイトの適正サイトは特化ブログです。特化ブログでは特定のテーマについての記事が多く集められていることから、その分野における信頼性が高く、商品の購入につながりやすい傾向にあります。

Googleアドセンスとアフィリエイトどっちから始めるべきか

どちらからスタートすべきか、明確な正解はありません。ただし多くのブロガーは以下の流れで収益を獲得していくことが多いです。

STEP
Googleアドセンスに通るまで

Googleアドセンスに通るまでは約2か月~1年ほどかかる場合が多いです。この間はアドセンス広告を利用することができないので、審査の通りやすいアフィリエイト広告をメインに、ブログのアクセス数を増やしていきましょう。

STEP
Googleアドセンスに通ってから

Googleアドセンスに通れば、アドセンス広告による安定した継続的な収益が見込まれます。アクセス数を増やしながら収益を上げていきましょう。

STEP
収益が大きくなり稼げるようになってきたら

収益がかなり大きくなってくれば、アドセンス広告の必要性が下がっていきます。アフィリエイト広告の方が多くの収益が見込まれますし、記事から離脱する可能性が高いアドセンス広告をあえて貼っておく意味はあまりありません。アフィリエイト広告のみで安定して大きな収益が得られれば理想的です。

まとめ

Googleアドセンスとアフィリエイトについて、どっちがメリットが大きいか、報酬発生のハードルや収益性について解説してきました。

Googleアドセンスとアフィリエイトにはそれぞれに適した運用方法があり、またブログのアクセス数や収益の段階によって、それぞれの広告の重要度が異なります。自分のサイトに合った運用方法で、適切な広告の設置を心がけましょう。

以上、「Google アドセンスとアフィリエイト:どっちのメリットが大きい?」でした!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次