Googleアドセンス審査に通る17のポイント徹底解説【2024年】

  • Googleアドセンス審査に苦戦した経験がある。
  • Googleアドセンス審査に通るポイント、条件を知りたい!
  • Googleアドセンス審査の情報が多くて困っている、、

こうした疑問にお答えします。

tano

ブログ初心者の登竜門といわれるGoogleアドセンス。
苦戦する経験が痛いほど分かるので、ここで徹底解説します!

目次

Googleアドセンス審査に通るために:大前提

Googleアドセンス審査に通らなくて苦戦されているブログ初心者の方々へ。ポイントの説明前に2つの超大事な大前提をおさえてください!

①ユーザー(読み手)にとって有益であることが最優先

Googleアドセンス審査には記事数や内部リンクの最適化など、さまざまな工夫が必要です。また、ブログのデザインや構成にこだわることも大切になってくるでしょう。

しかし、すべての大前提には「読み手が必要な情報を正確かつ丁寧に伝える」べきという書き手の役割があります。

tano

これをGoogle側はちゃんと見ているよ!

SEOライティングだけを徹底してキーワードを含めまくった記事を書いても、

記事を見た読者が無益と判断すればすぐに離脱します。それを知ったGoogleはその記事を有益性が低いと判断して検索結果ランキングから落とすようになります。

Googleアドセンス審査に通るための小技も大事ですが、本質は読者のためのライティングであることを理解しておきましょう。

②Googleアドセンス審査の通り方・必勝法は誰も知らない

Googleアドセンス審査に通る必勝法は誰も知らないので、そうした商材をSNS経由で買ったり、過度に有料コンテンツから情報を得たりするのはやめましょう。

「え?」と思うかもしれませんが、Googleアドセンス審査の基準は公開されているものの、その基準は厳しくなっている上、「どれをどうすればよい」かは具体的に明記されていません。

「こうしてほしい」「これはダメ!」は書いてあるけれど具体的じゃないからわかりにくい!

※詳しい審査基準はGoogleアドセンスプライバシーポリシーをご覧ください。

  • ブログ10年以上のベテランでも
  • 月収100万円のブロガーでも
  • 昨日Googleアドセンス審査に通過した人でも

絶対的な必勝法は誰にも分らないので、そうした文言があれば気を付けましょう
SNSには「Googleアドセンス審査に通るための必勝法をうたう高額教材」が多くあります。

tano

高額教材はまったく必要ありません。この記事を無料で読んで、ぜひ情報だけ仕入れてください!!

Googleアドセンス審査にかかる期間

早い場合で1日、遅いと数週間かかる場合もあります。

tano

私が見てきた中で、かなり長い場合で4週間かかった例があります。

ただ、審査期間の長さと合否は関係していないようなので、落ち着いて待ちましょう。

Googleアドセンス審査に通るために:17のポイント

繰り返しになりますが、以下のポイントはすべて「こうした方がいい」という多くのブロガーの経験則・実体験に基づくものです。

よりよいブログであるために必要な改善であることは間違いないですが、Googleアドセンス審査必勝法ではないことに留意してください。

2500文字以上/1記事あたり

Googleアドセンスにはコンテンツの最小要件という要件があり、これを満たさないブログは有用性の低いコンテンツとみなされます。

以前は1500字以上で審査に通るだろうという記事が散見されましたが、最近では、2000~3000字以上は必要だろうというのが合格したブロガーらの見解です。

tano

私が2024年にアドセンスに通ったときには、平均3000字程度、最低でも2000字以上で記事を書いていました。

オリジナリティがある(コピペ率30%以下)

Googleアドセンスには独自性のある優れたコンテンツという要件があり、これを満たさないブログは有用性の低いコンテンツとみなされます。

オリジナリティの高い記事を書くことでこの要件は満たすことができます。

上位検索記事を参考にするときには、少なくともコピペ率30%以下をこころがけましょう。

プロフィールページの充実

ブログサイトが正しく継続的に運営されているかを示すために、プロフィールページ(運営者情報)を充実させておきます。

tano

「プロフィールページを編集しただけで通った」という声があったので、プロフィールの充実は優先度が意外に高めかもしれません。

プライバシーポリシー設置

  • 広告
  • アクセス解析
  • コメント
  • 免責事項

以上のような内容が少なくとも含まれるプライバシーポリシーの設置をしておきましょう。

お問い合わせフォーム設置

Googleアドセンス審査に関わらず、ブログの「窓口」としての役割があるのでお問い合わせフォームは設置しましょう。プラグインで簡単に設置できます。

記事数が5記事以上

少なくとも5記事以上は必要です。「え?それだけでいいの?」と思われそうですが、あくまで最低限であって、受かる人は何記事でも受かります。

記事が増えれば、(決して意図していなくても)禁止ワードが含まれたり、画像が引っかかったりする可能性が増えてしまいます。

Googleアドセンス審査に連続して落ちているなら、記事数を減らす(リスクを減らす)ことも検討してみてください。

tano

ちなみに私の合格当時は「36記事」でした!

サイトマップ設置

サイトマップを設置することでGoogleのクローラーというシステムが記事を巡回して認識してくれるようになります。ブログの初期設定に近いので、多くの方は出来ているはずですが、「もしかして、、?」と思う方は確認しておきましょう。これもプラグインなどでかんたんに設置できます。

インデックス登録されているかチェック

インデックス登録されていないと、検索結果に表示することができません。

サイトマップを設置できていれば、やがてインデックス登録されるはずですし、能動的に1記事ずつ登録をリクエストすることもできます。
一部、登録されないパターンがあるので確認しておきましょう。

tano

かなり前に公開したのにインデックス登録されてなかった!全然知らなかった!みたいなことが私は数回ありました。

フリー画像・完全オリジナル画像を使う

著作権に引っかかってしまうおそれが少しでもあるなら、避けておきましょう。とくにGoogleアドセンスは審査前後にかかわらず画像には厳しいので、徹底しておくことをおススメします。

1カテゴリー5記事以上

カテゴリー内に記事が存在しないと、「質の低いコンテンツ」と認識されうるのですべてのカテゴリーに該当記事があるようにしておきます。5記事以上あると安心なラインではないでしょうか。

使っていないタグは削除

ブログ初心者あるあるですが、使いそうなタグを作ってみてブログ作成時に割り振っていく、みたいなことがあります。これをしてしまうと、タグによっては、「該当するものが1記事もない」ことが起こりえます。

カテゴリー同様にタグも、すべてのタグに該当する記事があるように調整し、使っていないタグは削除しましょう。

禁止ワードを含まない

まったく意図していなくても、あえてカタカナ表記にしたら禁止ワードともとれる表現になってしまったとか、直前の単語と続けて読むと禁止ワードみたいになってしまったとか、無限にパターンが存在するので、要確認です。

tano

当たり前に見えますが、禁止ワードを含まないことは案外難しいです。

見出し2,3の整理

  • 見出し2の中身を空にしない(直後に見出し3にしない)
  • 見出し4~6はあまり使用しない

ブログはじめのうちは見出し(h2~6タグ)をとりあえず付けてしまいがちです。とくに見出し2はSEOとして重要で、キーワードを含むか、関連している必要があります。

見出し4以降はもちろんつけていいですが、見出し内のコンテンツが少なくならないように調整しておきましょう。文章や図のほとんど含まれない見出しがないかチェックします。

見出し2の直後に見出し3がきてしまうと、見出し2に含まれるコンテンツがない状態になります。簡単な説明文とフリー画像で良いので追加しておきましょう。

1キーワードあたり1記事

1キーワードあたり1記事というのは、ブロガーの常識です。複数のキーワードを狙うと、どの疑問をもった読み手に対しての情報であるか判断できないので、とても有益なコンテンツとはいえません。

「【初心者】スマホでできる在宅おすすめ副業5選」のような、キーワードてんこ盛り記事は、相当なドメインパワーがないと上位表示されないので控えましょう。

アフィリエイトリンクを貼らない?

アフィリエイトリンクを貼っていてもGoogleアドセンス審査には通るので、どうしてもアドセンスに通らない方には検討してほしいというレベルです。

tano

実際に私はアフィリエイトリンクを貼ったままの記事が10記事ありながらも、Googleアドセンス審査に合格しました!

かなり前ですが、「アフィリエイト広告を含む記事を下げたら通った」という声があったようなので、試す価値はあるのかもしれません。

申請中もブログを更新

継続的に運営されているブログである、このことを主張するにはGoogleアドセンス審査中もブログを更新しておきましょう。

これも、絶対ではないので(あまり更新していなくても通る例があります)いつもどおり毎日ブログを運営していれば問題ありません。

PV数を増やす

質の高いコンテンツであることを客観的に示すには、「実際に多くの人に読まれている=PV数が多い」とするしかありません。

100PV程度を目安に目指しましょう。ただ、ブログ始めてすぐで100PVはかなりハイレベルなので、ほかの要件を満たしながらゆっくり目指すと良いかもしれません。

tano

最初は難しいけれど、まずは1日10PV以上は狙っていきたいですね!

Googleアドセンス審査の再申請方法

一度、Googleアドセンス審査に落ちた場合、再申請は次のステップですることができます。

STEP
Google AdSenseから「問題を修正」をクリック
STEP
「ポリシー違反が見つかりました」をクリック
STEP
リクエストを送信

続けてGoogleアドセンス審査に落ちていると、上限回数に達してしまい、リクエストができなくなる例があります。

今の実力でできる修正をしっかりしてから、リクエストしましょう。

Googleアドセンス審査まとめ

Googleアドセンス審査に通るための17のポイントを解説させていただきました。

tano

アドセンス審査に通らず挫折していくブログ初心者がたくさんいることから、こうした記事の執筆に至りました。

17のポイントの中には、ブログの本質的なものから、小手先の技まで含まれていますが、すべて満たせば審査に通る可能性が高くなることが期待できます。

みなさんのGoogleアドセンス審査の合格を応援しています!

以上、「Googleアドセンス審査に通る17のポイント徹底解説【2024年】」でした!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次