薬学検定とは?難易度・メリットまとめ【1級合格者が解説・在宅受験】

  • 薬学検定とは?どんな試験か知りたい!
  • 薬学検定のメリット・デメリットを教えて!
  • 薬学検定の難易度はどれくらいだろう。難しいのかな、、

こうした疑問にお答えします。

tano

薬学検定1級に(独学で一度で)合格した経験をいかして、わかりやすく解説していきます!

このサイトはプロモーションを含みます。

目次

薬学検定とは?概要をまとめました

薬学検定の情報はネットで検索してもあまりでてこない!?

薬学検定は情報がかなり限られているので、1級合格者の視点で情報を丁寧に解説していきます。

※情報は適宜更新していますが、執筆時点であることをご了承ください。

※当記事の内容は公式HP薬学検定事務局 薬学検定を参考に作成させていただきました。詳細はそちらをご確認ください。

薬学検定って?

薬学検定事務局(日本セルフケア支援薬剤師センター)による、薬学に関する知識を問う試験です。

この試験は、セルフケア・セルフメディケーションを目的にされており、医療従事者でない人・薬学に詳しくない人が、日常的な場面で薬を選んだり、買ったりする際に役立つ知識で構成されています。

受験資格

受験資格:だれでも(職歴・学歴などの制限はありません)

民間資格(国家資格ではありません)

形式

在宅受験・記述式(月1)、団体受験(10名~)・マークシート式(年2回)

受験料

1級:8200円(税込)
3級:6200円(税込)
在宅受験型は1,3級のみ。団体受験では1~4級。

在宅受験 解答用紙の提出方法

・郵送
解答時間に分単位での制限はありません。郵送期日(月末)までに解答して郵送してください。
申し込み後は薬学検定事務局さんからメールが届きます。

tano

メールのやり取りなど、かなり丁寧に対応していただけたので、これから受験するみなさんもご安心ください!

薬学検定の難易度は?難しい?

薬学検定の難易度はそこまで高くはありません。1級の合格率は65%程度あり、受験対象は薬学に詳しくない方になっているので、独学で合格が狙える範囲になっています。

薬学検定の合格率

2023年11月試験 1級 2級 3級 4級
合格率 66.2% 61.3% 68.9% 75.1%

薬学検定の合格基準点数

80点以上

  • 薬学検定1級を受験して70点以上80点未満なら2級合格
  • 薬学検定3級を受験して70点以上80点未満なら4級合格

薬学検定のメリット

自分の身を自分で守ることができる

セルフケア・セルフメディケーションに貢献する検定試験ですので、自分の身を自分で守る知識が身に付きます。

最近では薬を処方してもらうことなく、自己の判断で市販薬を購入する場面が増えてきました。スマホで検索して出てきた薬の情報を信じることもひとつかもしれませんが、

少しでも薬学の知識があれば薬を選ぶときにも、薬の情報を選ぶときにも役立ってくれるはずです。

医療知識の整理ができる

薬剤についての理解が深まるのはもちろん、病態や薬理の知識の整理をすることができます。

この中には、専門的な疾患名に限らず、妊娠、喫煙、高血圧など薬が作用するにあたって影響する因子がたくさんあります。身近なひとの中に、妊娠中のひとや高血圧のひと、持病のあるひとがいるなら、きっと役に立つ知識があるはずです。

tano

私は臨床検査技師という職業柄、電子カルテを開くことがありました。

普段の業務に直結するわけではありませんが、薬剤の投与があったときに医師の意図を理解できると、医療従事者として一歩ステップアップできます。このときに「薬学の知識があればいいのになぁ」と思ったことがきっかけで受験を決意しました。

看護師や理学療法士、作業療法士の方も受験してみると、普段の業務で得られる知識とつながりがあって面白いかもしれません。ぜひ受験をご検討ください。

薬学検定のデメリット

資格取得そのものにはメリットばかりですが、ここでは誤解のない範囲でデメリットを紹介します。

医療行為や販売ができるようにはならない

あえてデメリットというなら、この資格によって「何らかの医療・薬に関する資格を得られないこと」でしょうか。

薬学検定の目的は、個人が薬学の知識をつけて生活をより良いものにすることにあるので、この試験に合格しても医療行為は行えませんし、薬の販売もできません。

また、検定そのものの認知度を考えると、現時点では就職や昇給に及ぼすメリットも限定的かもしれません。

メリットにあるような「教養をふかめる」ことを目標に、受験するときは、「自分の知識のため、セルフメディケーションのため」に勉強しましょう。

薬学検定(記述式)の3つのポイント~1級~

受験方法には団体受験と在宅受験があります。どちらも合格すればまったく同じ扱いになります。私は薬学部の学生ではないですし、薬学に関連する会社に務めてもいないので個人受験(在宅受験)を選びました。

①参考書・テキストを事前に用意しておく

在宅受験なので参考書やインターネットでの検索は正式に許可されています

参考書・テキスト公式テキスト1冊と薬学部の大学生が使うレベルくらいのものが推奨です。

おすすめ公式テキスト

公式問題集の試験対策教本はまず手に入れておきたい1冊です。私もこちらを購入して、実際に薬学検定1級の解答に使用しました。

公式問題集には分野別のものも用意されています。

ただし、この公式テキストシリーズはA~Eまでの5冊から構成されているのですべて揃えるのは少し大変です。

tano

私の場合、この分野別シリーズは購入しませんでしたが、より丁寧に学習したい方は購入をご検討ください。

おすすめ在宅受験用テキスト

医療系大学生がまず購入する薬理学の入門テキスト!

分かりやすさ重視の丁寧な解説と、表の多さが特徴です。医療従事者でない方で、薬学検定を受験する予定の場合、とってもおすすめできます。

とにかくカラフルに!図解が多く、最後までたのしく学びたい方へ。

「みえる」シリーズは図解が多いことで重宝される、医療従事者の御用達テキストです。

カラフルな割に内容が結構深めなので、医療従事者が働き始めて1年目に買うレベルを想像してもらえるといいかと思います。

読みやすさは間違いなく1番だと思います。

参考書アリならかんたん?

問題によっては専門的な、より深い設問がある場合があるので、事前に買った1冊で網羅することはかなり厳しいと思ってもらえるといいと思います。適宜図書館などを利用するようにしましょう。

実際、どの種類の薬の、どう作用する薬の、どの器官に効く薬が出題されるか分からないので、事前準備には限界があります。

参考書・スマホ検索が許可されているなら簡単ですか?

いいえ、そうはいきません。ネット検索されることは想定済みの問題ばかり出題されます。

参考書を見ることができること、インターネット検索されることを前提に問題が作成されているので、問題文にある言葉で、そのまま検索しても出てこなかったり、よく分からなかったりします。

基本的に専門用語ばかりなので、薬学の知識がある程度持っている人でないと正しい情報を選んだり、適切な文章にまとめあげたりすることができません。

②論理的な文章を書く

記述式の方が難しいとされている理由は、そもそも難易度が高いこと、論理的に解答する必要があることにあります。

薬の専門家でない受験者が、薬について論理的に書くことはかなりハードルが高いですが、ここをクリアしなければ、合格できません。

とくに薬学の分野では、「薬の作用機序」を問う問題が頻繁に出題されますが、これを記述式で書くことにかなり苦労します。

③一度受験してみることもアリ

過去問は基本的に手に入りませんので、事前に対策することができないことも厳しいです。

そのため、どうしても不安な方は一度受験してみて、問題の傾向をみることもひとつの方法です。

tano

参考までに私は1級をいきなり受験して、結果は86点(合格)でした。医療の知識があることや、医療に関する参考書を少し持っていたので大丈夫だろうと考えていました。

実際には苦戦しましたし、かなり時間もかかりました。

1度の挑戦で合格できましたが、解答を仕上げるのに20時間くらいかかりました。

薬学検定の難易度・メリットまとめ

薬学検定の難易度・メリットを中心に解説してきました。

薬学検定には、

  • セルフメディケーションになる
  • 医療の知識の整理になる

といったメリットがありますが、試験自体に医療資格の効力はありません。

難易度については、合格率は高いものの、在宅受験ならではの対策が必要です。
しっかりと準備してから挑戦しましょう。

以上、「薬学検定とは?難易度・メリットまとめ【1級合格者が解説・在宅受験】」でした。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次