個人利用のNotionでできることを徹底解説!【2024年最新】

  • Notionは便利って聞いたけれど、個人利用で使えるのかな?
  • Notionでできることってどんなことだろう?
  • Notionを個人で利用できることにどんなメリットがあるか知りたい!

こうした疑問にお答えします。

tano

Notionは個人のフリーランスから、会社員まで広く使われています!
使いこなせるようになりさえすれば、Notionが適していない仕事シーンなんてないくらいに便利です!!

目次

個人でNotionを利用するメリット

Notionは一度使えるようになれば、これほど便利なものはない!と思えるくらいの必需品になります。
ここではその魅力をお伝えします。

次のような場面ありませんか?

スケジュール帳にメモして、書いたことを忘れる

Notionなら紙のスケジュール帳もメモ用紙もいりません。

iPhoneのメモアプリにメモして、家に帰って再度PCに入力している

Notionならメモの更新が同期されます。
外出先でメモしたことは自宅パソコンのNotionにも同じようにメモされているので、帰ってからメモし直す必要がありません。

メモしたことを覚えていても、もう終わったメモがいつまでも残っている

Notionなら完了したメモはワンクリックで完了済みに移動することができます。
今見たいメモと、もういらないメモを一元管理できます。

つまり、Notionを使えば、次のメリットが実感できるようになります。

  • 紙媒体のスケジュール帳やメモ帳を買う・持ち運ぶ必要がなくなる
  • メモが分散しない
  • 常に最新のメモをチェックできる

そしてこの機能がすべて基本利用無料です

Notionを使うデメリット

使う前に知っておきたいデメリット
  • 多機能すぎて、結局使いこなせない
  • チームの利用では有料版が必要なこともある

Notionの最大の課題は、難しいことです。高度なテクニックが必要なものもあれば、単にメモとしての使い方もあるので、個人利用の序盤からはあまり気にせず気軽に使うことをおすすめします。

Notionは無料プランで十分に機能しますが、チームとして利用する際には、そのドキュメント数やミーティング人数などを拡張して制限なく使いたい場合、有料プランが必要な場面がでてくるでしょう。

個人で利用したい方へ:Notionでできること5選

Notionは拡張性が高く、多彩な機能を持ち合わせています。

使いこなすのが大変な初心者用に、Notion公式や一般クリエイターが、テンプレートを公開してくれています。

tano

はじめはテンプレートを活用してみて、自分好みにカスタマイズしていくのがおすすめです!

タスク管理・やることリスト

個人で利用するときのスタンダードな使い方としては、ToDoリストがあります。

上画像のテンプレートのように、チェックボックスや日付、担当者などを設定できます。

カスタマイズしだいでは、優先順位をつけるなどの工夫ができます。

難しくて使いこなせそうになければ、リスト一覧として利用するだけでも問題ありません。出先で思いついたToDoをスマホにメモしておけば、帰宅後に整理することができます。

スケジュール管理・カレンダー

ToDoやメモと合わせて、カレンダーを使うことができます。

思いつたことをメモ→タスクに分類→スケジュールに振り分けという手順で、一括して仕事を管理することができます。

Notionではなく普通にメモしておいた場合、「買い物に行く」とメモ帳にかき、それを見てまたカレンダーに「買い物に行く」と書き、終わってからメモ帳とカレンダーの「買い物に行く」に二重線を上書きして終了させますね。

Notionでは終わったものはチェック一つで非表示にする設定をすることで、あちこちに散らばったメモを終了したものから順にかんたんに処理していくことができます。

アイデアの整理・メモ

ToDoリストが不要な方には、シンプルにメモとして活用できます。

メモアプリで十分だ!という声が聞こえてきそうですが、

かんたんで短いメモだからこそ、notionがピッタリです。

ドキュメントの作成・管理

WordやPowerPointの白紙ページに資料の下書きをしていませんか?

Notionでドキュメントの作成をすることで、複数のデバイスと同期できるほか、ほかの仕事仲間とシェアすることができます。ひとつのドキュメントを共同製作したり、評価し合えたりするのが便利です。

メールにWordファイルを添付して送るなんてことは必要ありません。

家計簿の管理

家計簿の管理もNotionですることができます。

家計簿管理アプリなどの方が、性能としては優れていますが、Notionは設定次第でこうしたアプリと同等の役割をさせることができます。

とくに普段のメモと連動できることが魅力で、

  • メモした仕事で発生した収益
  • 支払った税金
  • 買い物メモと支出の連動

こうした連携によって家計の管理が流れとともに把握できるようになります。

Notionできることまとめ

個人で利用する場合のNotionでできることを中心に解説してきました。

会社員が企業で使うシーンが思いつきやすいNotionですが、個人の普段利用でも大活躍します。

フリーランスや副業で仕事をしている方はもちろん、買い物のメモやアイデアのメモにも気軽に使えて便利です。

以上、「個人利用のNotionでできることを徹底解説!【2024年最新】」でした!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次