lit.link(リットリンク)の作り方をわかりやすく解説【2024年】

  • lit.link(リットリンク)の作り方を知りたい!
  • lit.link(リットリンク)をした方がいいのかな?作り方を知る前にメリット・デメリットを知っておきたいな。

こうした質問にお答えします。

tano

インスタ・X・ブログでlit.link(リットリンク)を使えば、フォロワーをうまく流入させることができるよ!

目次

lit.link(リットリンク)の作り方:会員登録

スマホまたはWebページから無料で始めることができます。

STEP
lit.link(リットリンク)公式ページを開きます

(引用:lit.link(リットリンク)公式ページより)

lit.link(リットリンク)公式ページを開き、「新規登録」をクリックします。
※アフィリエイトリンクではないので、お気軽にアクセスしていただけます。

STEP
アカウント登録方法を選ぶ

アカウント登録方法はどちらでもすぐに終わるので、とくにこだわる必要はありません。
LINEを登録したくないという人が一定数いるかと思うので、ここでは「LINEアカウントがない場合」を選択した例で進みます。

STEP
メールアドレス・パスワードを登録

メールアドレスとパスワードを入力して「登録する」をクリックします。メールアドレスの認証があるので、受信メールをすぐに確認できるアドレスに設定しておきましょう。

STEP
クリエイター名・URL・性別・生年月日・一言を登録

クリエイター名・このアカウントを一言で表すと?はあとで変更可能です。この時点ではlit.link(リットリンク)ページのどこに表示されるかイメージがつきにくいですね。完成後に変えるつもりでとりあえず決めてしまいましょう。生年月日は相手には表示されませんので、正しく入力します。

STEP
メールをチェックする

STEP3の画面は登録したメールアドレスに送られてきたリンクから進むこともできます。このリンクをクリックすることでメールアドレスの認証が完了するので、受信メールを確認しておきましょう。

STEP
連携予定のSNSを登録

連携予定のSNSもあとで入力できるので、ここでは気軽にチェックを入れて、「デザインに進む」をクリックします。

STEP
背景画像を選択

背景画像の選択はあとから変更可能ですので、とりあえず1つ選んで次に進みましょう。

STEP
lit.link(リットリンク)のページが完成しました

これでlit.link(リットリンク)が完成しました!

おしゃれにカスタマイズしたり、SNSを設定したりして自分だけのlit.link(リットリンク)を製作しましょう。

lit.link(リットリンク)の作り方:編集ページの操作方法

lit.link(リットリンク)のページは基本操作だけでもおしゃれに編集することができます。

lit.link(リットリンク)の基本操作

lit.link(リットリンク)は画面左上の「公開中」から「編集中」に切り替えることで、編集モードとなり各種ボタンがあらわれます。

URLをコピーしてSNSに貼る

「編集中」横の「シェア」をクリックすると、バーコードやURLを表示させることができます。URLをコピーして、各種SNSに貼ります。

ボタン設定

長方形マークからボタン設定ができます。ボタンの色と透明化を選択することができます。

フォント設定

Aマークからフォント設定ができます。フォントの色や大きさ、寄りを調整できます。

テンプレート選択

三本線マークからテンプレート選択ができます。

リンクを追加

「リンクを追加」から、追加する形式を選択してリンクを追加できます。

「ボタン」が定番で、デフォルトにあるような左にアイコン中央にテキストが追加できるタイプのものが表示できます。

ボタン以外のおすすめは「ピクチャ」で、画像そのものにリンクを追加でき、見た目もよくて採用しやすくなっています。

lit.link(リットリンク)の作り方:リットリンクのメリット

メリット
  • SNS・ブログリンクを整理でき、窓口となるページを作れる
  • SNS・ブログのいずれかのファン(フォロワー)にほかのサービスを周知できる
  • 無料

lit.link(リットリンク)にはこうしたメリットがあります。
無料サービスでありながら、自分の活動をひとまとめに一元化でき、ファン(フォロワー)の導線となるページが設置できます。

tano

リットリンクが完成するとこんな感じになります→tanoリットリンク

lit.link(リットリンク)の作り方:リットリンクのデメリット

デメリット

lit.link(リットリンク)を使うことのデメリットはほとんどありませんが、誤解のない範囲であえて挙げるとすれば、次のことが言えます。

  • 直接流入するはずだった人がlit.link(リットリンク)時点で離脱する可能性がある

インスタグラムにlit.link(リットリンク)ではなく、ブログのURLのみを貼っていれば、興味を持った人が1クリックでブログに訪問することができます。一方で、lit.link(リットリンク)を経由することで2クリック必要になるほか、lit.link(リットリンク)に訪問したそのページから離脱してしまい、結局何も見られないという場合がありえます。

lit.link(リットリンク)のデザインやテキストを編集して、SNSやブログページにアクセスしてもらえる工夫が必要になります。

lit.link(リットリンク)の作り方まとめ

lit.link(リットリンク)の作り方について解説してきました。

lit.link(リットリンク)はアカウント登録から初期設定までかんたんに出来る上、無料サービスとなっています。

運営するSNSやブログが複数ある場合には、lit.link(リットリンク)にまとめておくことで、ファン(フォロワー)の流入となる導線を確保することができます。

以上、「lit.link(リットリンク)の作り方をわかりやすく解説【2024年】」でした!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次